講座・イベント・助成金情報

新たな地域自治協働システム構築に向けたモデル事業を実施します。

 

 近年、少子高齢化や人口減少に伴う地域課題の多様、複雑化により、行政だけではな
く、地域団体やNPO団体、企業など地域の多様な主体が連携し、地域の課題解決に
取り組む必要性が高まっています。

 

 そこで徳島市では、沖洲地区、津田地区、上八万地区、内町地区の4つのモデル地
区において、各コミュニティ協議会※が中心となり、平成29年度、平成30年度の
2年間、地域が主体となり地域の特性を生かしたまちづくりを実施する、地域自治を
推進する仕組み(新たな地域自治協働システム)の構築を進めていきます。

 

 モデル地区において、地域の活動に参画し、地域の課題解決に取り組むことに関心の
ある団体は市民協働課(☎621−5510)までお問い合わせください。

 

※コミュニティ協議会等とは、地区の町内会、環境衛生組合等の地域内の各種団体で
構成される団体です。

 

○モデル地区での取り組み内容(平成29、30年度)


(1)地域課題解決に向けた体制づくり

 地域団体やNPO団体、企業など地域の多様な主体が連携・協働しながら、地域社
会の運営に参画し、地域の課題解決に向けた取り組みを持続的に実施できる体制を構
築します。

 

(2)地域まちづくり計画の策定
 地域の将来像や活動の方向性、課題事項、その将来像を実現するための事業や課題
を解決する事業を検討したうえで、事業の実施時期、実施主体、実施方法など明示す
る計画を策定します。(事業の統廃合、新規事業の実施も併せて検討します。)

 

(3)試験事業の実施
 地域課題解決に向けた事業を試験的に実施します。

○モデル事業実施団体
沖洲コミュニティ協議会(沖洲地区)
津田コミュニティ協議会(津田地区)
上八万まちづくり協議会(上八万地区)
内町まちづくり協議会(内町地区)


 

  • 2017.07.25 Tuesday
  • -

スポンサーサイト

  • 2018.10.17 Wednesday
  • -